読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アキレス腱断裂系女子

26歳OLのアキレス腱断裂との戦い

手術直後①

こんばんは!


アキレス腱断裂系女子 むーです!!






看護師さんに名前を呼ばれて目を覚ましたとき


すでに全身麻酔での手術は終了していました。



まだ意識はぼんやりとしていましたが


「もう終わったんですか?」


とすぐに言葉も出ました。



手術室からそのまま病室のベッドへ運ばれました。



手術前に病室を出てから

再び病室に戻ってくるまでには

2時間かからない程度でした。




少しずつ意識もはっきりし、


喉に違和感を感じて咳をしたのと


手術した左脚元に温かさを感じていました。




喉の違和感は

全身麻酔の際、呼吸も止まるため、

喉に入れた人口呼吸器のせいだと思います。



脚元の温かさは、セットしてくれた電気毛布でした。



温かさは感じられるものの

脚は痺れる感覚で

まだ麻酔が効いている状態でした。


歯医者で麻酔治療したあとの

唇の感覚が鈍くなかなか戻らないのと似ていました。



もちろん記憶はないけれど


脚にはギプスがはめられていて

酸素吸入器と

身体には点滴や複数の管が繋がっていて


本当に手術したのだと思いました。



f:id:tomo-0703-k:20170218225755j:plain